最高のジャックポットスロット2020

カジノサイトで遊ぼうと決意された人の誰もが、「ジャックポットで勝負してみたい」と思うのではないでしょうか?2018年には8000万円、1億5000万円超え、2019年には日本国内でも1000万円超えのジャックポットプレーヤーが排出されています。気になるジャックポット2020年はどのような感じかとても気になりますよね。高額配当を狙ってゲームを始める前に、ジャックポットについて少し知っておくと、ゲームがさらに楽しくなってきます。

高額配当はねらいたいけど、本当に配当は起こるのか?と思われる人にオススメのジャックポットは、大当たりの総額が常に定められている「固定ジャックポット」が良いかと思われます。賞金額は賭け額によって異なり、プログレッシブジャックポットに比べると、ジャックポット額は低く設定されていますが、当選する確率は高めになっています。この機種はプレー人数、プレー回数などで配当金が増加するようなことはありません。

プログレッシブジャックポットの仕組み

プログレッシブジャックポットでは、全てのスピンで発生するわずかなパーセンテージが換算されます。賭け金のわずかを、ジャックポット用にポットへ貯金していくというイメージです。プレイヤーがプレイするたびに集合的なポットに換算されていきます。当選者が出るまで、同じスロットをプレイしているプレイヤーの賭け金が、ジャックポットへと積み上げられていくため、配当金額も徐々に膨れ上がっていきます。

夢の●●億円の配当!となりやすいのが、ワイドエリア・プログレッシブジャックポットです。ワイドエリアは、複数のカジノをまたぐ同種スロットで、一つの賞金を共有するタイプのジャックポットシステムとなっています。世界中のプレイヤーの賭け金が累積されていくため、賞金額が大きくなるスピードが速く、配当額が数億円にまで膨れ上がっていきます。カジノサイトを選ばず、ジャックポットゲームの大定番であるMicrogaming 社のMega Moolah(メガムーラ)もこのタイプのジャックポット機種です。

ジャックポットの最高値

ジャックポットゲームの大定番であるスロットといえば、さきほどのMicrogaming 社のMega Moolahが有名です。2019年においては、Megaジャックポットの額は約7,677,000ドル(日本円で8億円)以上を叩き出しています。この機種によるジャックポットの最高金額は2015年の24億円ごえとなります。この夢のような金額を配当金として手にした男性、賭け金は約4500円だったそうです。

NetEnt社のウェストコースト風の爽やかなR&B系の音楽が流れるスロット、Mega Fortune(メガフォーチュン)においても、爽やかな印象とは別に、日本円で約23億4034万7461円というジャックポット配当金を叩き出しています。プログレッシブジャックポットの高額配当は、本当に驚かさせられる金額が、ごくわずかな資金で排出されているのです。ジャックポットを狙うのは、さほど難しくないということといえます。

ジャックポットはどうすれば当たるのか

ジャックポットは、運で高額配当金を手にすることができますが、ペイアウト率があまり高くないスロットが多いのが難点ともいえます。一般的なスロットのペイアウト率は約96%なのに対して、ジャックポット機種の平均ペイアウト率はおよそ95%となっています。ジャックポットの種類によっては、ジャックポットの当たる確率がベット額に比例してしまうものもあります。ジャックポット2020年、ぜひ当てていきたいですね。

ジャックポットスロットには、ジャックポットを獲得するための条件ともいえる、最低賭け金が定められています。できるだけペイアウト率の高いジャックポット機種で無理なく遊び、高配当を手にすることができたら ・・スロットにおけるジャックポットにおいて、攻略法や技などはなく、純粋に「運」で高額配当社が送り出されます。逆にいえば、たくさん賭けなくても高額配当の可能性が、あなたにも当たり得ることになります。